So-net無料ブログ作成

禁煙にラストチャレンジ!! [禁煙]

一ヶ月半続いた禁煙も12月半ばに、ほんの軽い「一本だけなら」で破れてしまった(ToT)
その後は一日止めては挫折・二日止めては挫折と繰り返しの昨年末だった。
新年という良いきっかけを禁煙のスタートにと気を持ち直しても元旦で挫折・・・。

タバコの何とも恐ろしい魔力は正直は想像以上だった。
スタートのきっかけをと大阪で買ったタバコが無くなったら開始と、またも気持ちを切替え四日からスタート。
何とか最初の辛い3~4日をニコチン貼付剤で乗り切り、そう、本当なら明日で二週間だったのだ。
が・・・(*_*) 
今朝の夜勤明けに同僚と仕事絡みで口論となり(ホテルなので勿論バックヤードで)またもイライラから買って吸ってしまったのだ。

禁煙すると実に体調が良いのだ。
頭痛持ちの私の頭痛がなくなり、冷え性も多少緩和された。
が、喫煙者の方ならお分かりとは思うが、行動と行動の節目の一服・何かを終えた時の一服は楽しみでもあるのだ。
楽しみが減り残念?ではあるが、再度禁煙にチャレンジしたく今日記事にした。
意思の弱い私には禁煙にニコチン貼付剤は絶対必需品なのだが残りが5枚(ToT)
通院していた禁煙外来は4回で止めてしまい今更行きづらいし、近所では保険適用される禁煙外来の病院は残りは大学病院並みの大きな所だけなのだ。
ご存知の方も多いだろうが、今は大きな病院は紹介状なしだと余分なお金を取られるし、診察にも会計にも薬を貰うにも大変な時間がかかり、まさに一日がかりになってしまう。

だから気負いはないが今回で何とか禁煙を成功させたい!
ニコチン自体は一週間もあれば体から抜けるであろうから、後は心理的なタバコへの依存が大敵なのだと思う。
長年の生活習慣を変えるのだから簡単な事ではないが、禁煙のラストチャレンジだ(^^)v

禁煙~其の六~


禁煙の成功とは? [禁煙]

禁煙外来にも通院して10月1日から始めた禁煙。
だが意思が弱いのか二週間でニコチンの魔力に負けてしまった。
その後も禁煙しては吸ってしまいの繰り返しの10月だった。
自身が情けなくもあり禁煙自体を止めてしまおうかとも何度も思った。

だが私を救ってくれたのはドクターから頂戴したガイドブックの中の一文「何度失敗しても諦めずにチャレンジ!」と応援してくださる皆様からの温かい言葉だった。
現状から書くと今は禁煙して16日目。そして先週には禁煙外来の4回目にも行ったのだが4~5日前からはニコチン貼付剤も貼ってはいない。
肌が弱いのか貼付剤の痕で腕や腹はカサブタだらけ・・・やたらと痒いのだ。
痒さが嫌で外していたが、先月からの禁煙⇔挫折の繰り返しで少しは身体もニコチンのない生活習慣にも慣れがあったようだ。
今も日に何度かは吸いたくなるので、念の為にニコチン貼付剤とニコレットやガムは必ず持ち歩いているが、それを使うまでの発作??には至っていない。

以前から考えていたのだが、何をもって禁煙に成功したと言えるのだろう?
色々と考えて勝手に禁煙補助剤に頼らずに一ヶ月禁煙出来たらなどとも考えていたが、ここにきて私なりの結論がでた。
禁煙の成功とは、個々の主観ではあるが自らが今現在に禁煙しているという気持ちがなくなり、(過去に)禁煙していたと思える境地に達した時ではないかと。
それが1ヶ月先だろうが1年先だろうが。
正直はそこまでに至る自信は100%は持てないが、禁煙によって失うものよりも得られるものの方が大きく多い事が分かった今、前向きに成功を目指して頑張ってみようと思う。
また煙草ネタも改めて記事にするが、この場をお借りして私の禁煙に対して温かく見守ってくれている皆様に心からありがとうと感謝の気持ちを伝えたい。

禁煙~其の伍~


二週間目の落とし穴m(_ _)m [禁煙]

禁煙を開始したのが10月1日。
さっき夜中のファミリーマートに走り、1本吸ってしまった(ToT)
自分の中では精神的にかなりキッツイ事があって、昨晩から落ち着かずついついと・・。
だが、そんな事は言い訳に過ぎない。
応援してくださってる方やドクター、期待を裏切ってしまい本当に申し訳ないm(_ _)m

だが2週間ぶりの一服だったが、落ち着き?はしても不思議とウマいとは思わなかった。
4年前に急性胃腸炎で入院して点滴台を押しながら、やっと辿り着いた喫煙場での一服は一生離れられないくらいにウマいと感じたのに。

また改めて今から禁煙の再スタートだ!
なんとか身体がニコチンを求めなくなるまでの期間に精神的に不安定になる様な事がない事を
祈る!
そして禁煙と共に何事にも動じない強い精神力をも身に付けたいのが今の心境である。

禁煙~其の四~


禁煙外来2回目 [禁煙]

10月から禁煙を始めて早二週間が経つ。
今でも日に何回かは吸いたくなるのだが、やはり最初の一週間が一番辛かった。
「一本だけ」の誘惑に負けて何度タバコを買いそうになった事か。
夜中にもコンビニに走りそうになったほどだ。
一番辛かったのは夜勤での仮眠中に外国人のお客様が門限破りでの帰館。
酔っていて軽く注意しても聞く耳持たずの時だった。
無論、接客の仕事ゆえにお客様に怒りはしないし、逆に腹の中は違えど極力笑顔で通す。
が、仮眠用のベットに戻ってからは起こされた事と門限破りの反省なしにとても腹が立ちイライラして眠りにつけない。
ロビーにはタバコの自販機もあり、この時ばかりは買う寸前まで悩み通した。
今もそうだが禁煙中の吸いたい時のイライラはかなり辛い、なるべく平常心でと心がけている。

どうにか禁煙開始から二週間を乗り切り、昨日2度目の禁煙外来に寄ってきた。
初回の一酸化炭素測定で28ppmの数値に驚いたが、さすがに二週間の禁煙効果か今回は1ppmと正常値に戻っていた。
勿論、長年の喫煙での汚れた肺がきれいになった訳ではないが、こういう検査も禁煙の励みになる事は確かだ。
ドクターからも経過は順調との事で前回より一回り小さいニコチン貼付剤を二週間分いただいてきた。
予定ではあと六週間続けるのだが、このニコチン貼付剤は禁煙にはかなり頼りになるアイテムである事は間違いないと断言出来る!
まだまだ吸いたくもなるし、人の吸っているタバコの匂いがすると羨ましくも思うが、禁煙という私にとっての大きな目標を失敗しない様に頑張りたい!

禁煙~其の三~


愛しているよ [禁煙]

君と別れて七日が経つんだね。
君を思い出さない日はない、夢でまで君を見ているよ。
今でも恋しいよ、君の全てが・・・。
恥ずかしいけど何度か君の家の前まで行ってしまったんだ。
とても悩んだけど、でも今更チャイムを押すことは出来なかったんだ。
僕から別れを切り出したんだから。
今更、見苦しいね。
僕の気持ちを分かってくれなんて言えないけど、君への気持ちは本物だった。
でも愛せば愛すほどに、日々会えば会うほどに僕は崩壊していくんだ。
だから考えに考えぬいて出した結論だった。
毎日会っている時には忘れてたけど、言えなかったけど
別れてしまった今、僕はハッキリと言えるよ。
愛しているよ、セブンスターって・・・
禁煙~其の二~


禁煙にチャレンジ(^^ゞ [禁煙]

色々な諸事情により長年のヘビースモーカーだった私が10月より禁煙を決意(^_^)v
一昨年に一度チャレンジして一週間弱で挫折してしまったので今回はドクターの力を借りようと、休日の取れた今日 禁煙外来に行ってきた。
先ずドクターに言われたのは、考えると当り前ではあるが医者が禁煙させるのではない、禁煙したい人をサポートする役である事。そして通常処方には体内にニコチンを吸収させるニコチン貼付剤を出すが、禁煙の為ではあれドクターが患者にニコチンという毒を処方する事にとても抵抗があるという事。

だが、このニコチン貼付剤はニコチン依存から解放されるのに頼りになる強い味方である事も勿論である。
最初に肺活量を測る要領で体内の一酸化炭素濃度の検査。
非喫煙者の方は1~2ppmらしいのだが私は28ppm(@_@;)
通常は30ppmで気を失い、70ppmで命を落とすらしい・・・。
では何故に喫煙者が普通に生きていられるのか?それは長い期間の喫煙で耐用出来る体になっているのだそうだ。
故に喫煙者は皆が一酸化炭素中毒でもあるらしい。
ニコチンやタールの有毒性はある程度はテレビなりで知ってはいたが、これには一層ビックリした。

処方されたのはニコチネルTTS30というニコチン貼付剤。



これから約2ヶ月間、一日一枚を体に貼り段々と吸収させるニコチン量を減らすのだそうだ。
職場でもヘビースモーカーが多い悪魔の囁きの中、何とか今回で禁煙を成功させたい!
最後になるが禁煙開始を10月1日に決めて、まだ開始まで丸一日あるからだろうか・・・今回でわりに楽に禁煙が出来る気がしている現状である。
また途中経過も記事にしたい。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。